ブタラーゲン

豚肉料理でブタコラーゲンGETで、若さと元気の秘訣を手に入れるのだぶぅ!

コラーゲン選び

コラーゲンとは、動物の体内に最も多く含まれるタンパク質の一種で、皮膚や骨、関節などあらゆるところに存在している重要な成分なんだ。これは他の動物でも同じことで、牛や豚、鳥、魚などの骨や皮膚に多く含まれているんだよ。煮魚をした時にできるプルプルしたゼリー状の煮こごりがありよね、それがまさにコラーゲンなんだ。コラーゲンは健康食品だけでなく化粧品に至るまで、さまざまな商品に利用されているんだよ。

コラーゲンはタンパク質だから、食品から摂取すると体内でアミノ酸に分解されて、必要に応じてさまざまなタンパク質に再合成さるんだ。だから、食品からコラーゲンを摂ったからといって、必ずそれが体内でコラーゲンになるとは限らないんだけど、最近の研究ではコラーゲンを摂ることでコラーゲンの代謝がよくなって、再度コラーゲンとして合成される確率が高くなることがわかってきたんだ。肌や骨、関節の健康を維持するためにも積極的に食品からコラーゲンを摂ることが研究現場からも推奨されているんだよ。

ただし、未だ肌に直接塗って吸収されるかどうかはわかっていないのが現状。現段階で言えば、体外に塗っても分子が大きすぎるため肌からは吸収されないと言われているんだ。ただし、コラーゲンの保湿効果は期待できるとのこと。コラーゲン商品を選ぶ場合は、原材料の安全性、コラーゲンの種類、含有量に注目しようね。また継続して毎日摂ることができる形を好みに合わせて選ぶことをおススメするよ。

原材料におけるポイント

コラーゲンの原材料には大きく分けて2つがあって「動物性コラーゲン」と「海洋性コラーゲン」があるんだよ。ちなみに「植物性コラーゲン」は、たいてい大豆由来のもので、コラーゲンと良く似た構造を持っている成分が含まれてはいますが、コラーゲンではないんだ。コラーゲンは動物にしか含まれていない成分なんだよ。

動物性コラーゲンとは、牛や豚、鳥などから抽出されたゼラチンのこと。動物性コラーゲンは熱に強く、加工しやすいため、最も多く用いられてきたんだ。中でも牛由来のものが一番多いいかな。でも、狂牛病事件によって牛由来成分を使用することを厳しく制限されるようになってしまたんだね。コラーゲン生成には牛の骨粉を使用していたため、牛由来の商品を購入する際は、狂牛病に対する対策がきちんとなされているかどうか、必ず確かめるようにしようね。

そのほかにも、海洋性コラーゲンといって魚由来のものがあるんだよ。フィッシュコラーゲン、海のコラーゲンとも言われているかな。海洋性コラーゲンは動物性コラーゲンと比べて吸収性が良くて、安全性も高いんだ。さらに濃度をあげてもニオイが出にくいっていう特徴がポイント。でも、欠点は熱に弱くて、熱処理をするとコラーゲンの分子構造が乱れやすいということ。

どちらの方が良いということよりも、原料供給から製造過程までをしっかり自社管理しているような、信頼がおけるメーカーのものを選ぶようにしたほうがいいのかもしれないね。

種類におけるポイント

コラーゲンは現在25種類ほど見つかっていて、その中でも最も人体に多いのがT型と呼ばれるもの。その他、健康食品ではU型、V型などが主に用いられているコラーゲンだよ。

T型
T型とは、体のあらゆるところに存在しているんだけど、中でも皮膚の90%を占めるコラーゲンなんだよ。
美肌効果を求めるのであればT型コラーゲンを摂取するといいよ。

U型
U型とは、主に軟骨に存在しているコラーゲンのことだよ。関節痛の緩和効果を求めるのであればU型を選ぼうね。

V型
V型とは、血管や子宮などに存在しているコラーゲンのことだよ。女性が摂ると良いコラーゲンと言われているんだ。

また、コラーゲンを別の区分で見てみると『ゼラチン』・『コラーゲンペプチド』 『トリペプチドコラーゲン』 『アミノ酸混合物』と4つに分けられるんだ。そして、ゼラチンとは、牛や豚、魚などから抽出したゼラチンのもの。コラーゲンペプチドとは、ゼラチンをペプシンという酵素で分解したアミノ酸が2つつながったもの。トリペプチドコラーゲンとは、ゼラチンをコラゲナーゼという酵素で分解したアミノ酸が3つつながったもの。アミノ酸混合物とはコラーゲンを構成するアミノ酸と同じ比率でアミノ酸を混合させたものなんだよ。

これら4つのコラーゲンが肌に対する効果を測定した研究結果があり、その結果はゼラチンとアミノ酸混合物が10として、コラーゲンペプチドが18、トリペプチドコラーゲンが25という数値になった。つまり、美肌効果が高いのは、トリペプチドコラーゲンが一番、次にコラーゲンペプチドということなんだね。


摂取におけるポイント

コラーゲンを食品から摂っても確実にコラーゲンとして体内で働くわけではないんだよ。体内で吸収されたコラーゲンはアミノ酸に分解されて、そのアミノ酸はタンパク質の構成成分で、分解されたアミノ酸は不足しているタンパク質から優先的に合成していくんだ。つまり、他のタンパク質が不足しているとコラーゲンにはならないってわけ。

できるだけコラーゲンとして合成させるには、良質なタンパク質を日頃からしっかり摂っておくことが大切なんだよ。コラーゲンだけを積極的に摂っても、それはコラーゲンとしては合成してくれなくなってしまうってことなんだね。加えて余分な糖分はコラーゲンの生成を阻害するので控えたほうがいいかも。

また、ビタミンCや鉄分を一緒に摂取すると、コラーゲンの吸収が高まり、コラーゲン合成が促進されやすくなるから、ビタミンCや鉄が一緒に配合されている商品を選ぶとお手軽だね。配合されていなくても、フルーツなどと一緒に摂ると、効率よくコラーゲンを摂取できるんだよ。

含有量におけるポイント

コラーゲンは日々代謝しながら古いものから新しいものへと変わっているんだ。1日に代謝によって失われるコラーゲン量は2gほど。そのため、私達は最低でも1日2gのコラーゲンを摂らなければならないんだ。コラーゲンによる効果を求めるのであれば、1日5〜10gは摂りたいところ。これ以上摂ったとしても副作用などの心配はまずないって言っていいかも。

コラーゲン商品を選ぶ際も、1日最低でも5gのコラーゲン含有量があるものを選ぼうね。また、コラーゲンは継続的に毎日摂らなければ効果はあらわれません。逆に毎日きちんと補うことで効果があらわれやすいものでもあります。そのため、毎日手軽に摂取できる形状を選ぶといいと思うよ。大量に粉末を飲まなければならないとか、味が悪くて飲みにくいなどがあると、どうしても続かなくなってしまうから、そこは注意が必要だね。

Valuable information

立川のおしゃれ美容室
http://www.marea14.com/

2016/6/29 更新

ページのトップへ戻る

Copyright (C) 2008 ブタラーゲン. All Rights Reserved.